ストーリー
・プロローグ
13年前、世界では大きな戦いがあり、「月の眷属」と呼ばれる集団が月に巨大な眼のような次元の門を開き、「レギオン」という生物兵器を地上へ落下させた。
「フォースの戦士」により戦いは終止符を打った。


それから13年経ったある日、ラーカイル砦での試練を追えた主人公のマックスは我が家があり、そして父親ガイア、幼馴染のメリルがいるグリンスリーブスへと帰る。
メリルはマックスへ料理を作るため中層へあるハーブ園へと向かう。しかしそこへ突如モンスターゲートが現れ街は騒然とする。マックスはメリルを追いハーブ園へと向かった。
メリルは無事だったがモンスターにより見事にハーブ園が荒らされた後だった。


仕方なくメリルは掟を破り、”フォース”として認められたものしか入れない聖地へマックスと2人でハーブを取りに向かう。
少し寄り道して聖地の奥に安置されている「雷の大結晶」を見に行った。
突然2人の脳裏にある声が

『待っていた・・・・・・。』

突如謎の仮面男がマックスたちの前に姿を現す。


これがマックスにとって思いもよらぬ出会いになってしまう、
そしてこの仮面男との出会いが世界の命運をかけるものになろうとは誰も知るよしも無かった。
さらに信じられないことにこの仮面男の正体は・・・・・・。


・シャイニング・フォース ネオの世界
この物語の世界には人間のほかに、ケンタウロス、バードリング、ウルフリング、キャントールなどがいる。これらの種族は人間と共存している。
邪悪なモンスターも例外ではない。森や荒野にはオークやゴブリン、ゾンビといった人々を襲うモンスターも数多くいる。

「雷の聖都ユークリトス」
温暖な気候と豊かな自然に恵まれた広大な土地。
北西端にはグラハムが国境の騎士団を結成。
モンスターの侵攻から国内を守るラーカイル砦が存在。マックスもここで修行をしていた。

「氷の聖都フェルドランド」
北の台地に広がる寒冷地。氷河や雪山に囲まれた厳しい自然の中で、
人間と半狼人が共存している。
ユークリトスとは友好関係にある。

「炎の聖都エラノーラ」
君主ゲイオスの統制の下、人間が工業文明を発展させた国。
西の海上には大罪人の監獄、ヘイルブリズンがある。


...これらの国に住んでいる人間の持つ「負」の感情が集まったものを、「月の眷属」と呼ばれる。
月に眼が開くことからそう呼ばれている。
(C) 2005 GAMER's UNLIMITED All rights reserved.
(C) 2005 SEGA CORPORATION All rights reserved.